革(レザー)バッグのお手入れ方法

 革バッグは、きちんとお手入れをしていただくことで質感に差が出ますし、長持ちします。

 

こちらでは、革バッグのお手入れの方法をご紹介いたしますので、ぜひ実践してみてください。

 

 

革(レザー)バッグを購入後すぐにするお手入れとは?

 

 革バッグを購入した時には、まず購入してすぐにお手入れをしていただくと、革の質感や艶が長持ちします。

 

まずは、馬毛ブラシなどの柔らかいブラシでやさしくブラッシングしていただき、ホコリなどを落としてください。

 

ホコリを落として革バッグを綺麗な状態にしたら、革に油分を補給するために、無色の乳化性クリームを塗ってください。

 

革バッグを持った時に洋服に色が付かないように、無色のクリームにするというところがポイントです。

 

 油分を補給したら、乾いた布で乾拭きもしてください。

 

ストッキングで拭いていただいてもいいです。

 

綺麗になったら、最後に革専用の防水スプレーを全体にムラなくしていただいて、完成です。

 

 

定期的にする革(レザー)バッグのお手入れとは?

 

 革バッグは、定期的にお手入れをしていただくと、革の品質が長持ちします。

 

使用後に定期的にしていただきたいのは、ブラッシングや乾拭きでホコリや汚れを落とすことです。

 

油分の補給は、1〜3ヶ月に1回くらいのペースでしていただけるといいですね。

 

 使用しているバッグの革の種類によって、クリーム・オイルが使えないということもありますのでご注意ください。

 

クリームなどを使用することが不安な方は、まずは革バッグの底や裏側などの目立たない場所で試してから使用してみてください。

 

 

革(レザー)バッグが水に濡れた場合、軽い汚れ、かすかな傷の簡単な対処法は?

 

 まず、革バッグが雨などで濡れてしまった場合は、水染みができる前になるべく早く対応してください。

 

対処法は、革全体をやさしく水拭きしていただいた後、しっかりと乾燥するまで自然乾燥してください。

 

しっかりと乾いた後、油分を補給していただくと、ひび割れや傷みを防ぐことができます。

 

革バッグが汚れてしまった場合は、軽い汚れであれば消しゴムで軽くこすると落ちることがあります。

 

革バッグに小さくかすかな傷ができてしまった場合は水拭きをすると目立たなくなることがあります。

 

 

革(レザー)バッグの保管方法

 

 色落ちやカビを防ぐためには、紫外線・直射日光を避け、革が呼吸できるような空気が通る場所に保管していただくことが大切です。

 

そして、革バッグ型崩れを防ぐために、使用していたい時には、鞄の中には保型材・詰め物をしておくといいですね。